ビックスクーターやカスタムバイクの画像&壁紙紹介。マジェスティ,マグザム,フュージョン,フォルツァ他
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フュージョン SE・20th アニバーサリー 2006年9月15日
「フュージョン SE・20th アニバーサリー」を発売  Hondaは、1986年の発売以来、個性的な250ccスクーターとして好評を得てきた「フュージョン」の誕生20年を記念し、「フュージョン SE・20th アニバーサリー」を期間限定受注※1にて、9月29日(金)より発売する。  今回のモデルは、フュージョン SEに20周年記念モデル専用の車体色として、サイバーゴールド、パールコスミックブラック、パールサンビームホワイトの計3色を設定。 内装のインナーパネルとシートには専用カラーのモカベージュに加えて、前・後ホイールにはゴールド塗装を施している。 さらに、「20th Anniversary」の専用エンブレムをフロントカバー両サイドとグラブバー下のリアカバーに、また「HONDA」ロゴの立体エンブレムをウインドスクリーン下とリアトランクリッド部にそれぞれ配している。 これらの専用仕様によって、一段と高級感を高め、記念モデルとしての存在感を強調している。  ベースとなったフュージョン SEは、水冷・4ストローク・244cm3単気筒エンジンを搭載。個性的なデザインと、その特徴的なロングホイールベースや低シート高の採用によって、ゆったりとした乗車感と取り回しやすさを実現している。 またフュージョン SEは、発光ダイオード式のハイマウント・ストップランプを採用したモデルで、後続車両からの被視認性をより高めている。  フュージョンは1986年4月の発売以来、ロー&ロングの斬新なスタイルで、ユーザーの根強い人気を得てきたモデルである。 また、荷物の積載などの使い勝手の良さや高速道路を使った長距離走行においても、タンデムで快適に楽しめるスクーターとして、30代から50代をはじめ近年では20代を中心とした若年層など、幅広い世代から支持を得ている。 フュージョンは、細部の熟成を続ける中、20年間変わらぬそのスタイルを継承し、国内での累計販売台数(届出)約58,600台※2となるHondaのロングセラーモデルである。 ●販売計画台数(国内・年間) 1,000台(期間限定受注) ●メーカー希望小売価格 588,000円(消費税抜き本体価格 560,000円)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://customscooter.blog51.fc2.com/tb.php/6-556f2dae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。